【仙台の学習塾プリント】中学歴史 欧米の市民革命  解答

仙台の学習塾である藤原進学塾では、塾で実際に行っている問題を
一部公開しています。
(図や写真のないものに限らせていただきます。ご了承ください。)
受験勉強や単元のまとめ、中間テストや期末テスト対策にぜひご利用ください。
※ 無断で転載することはご遠慮ください。
※ 手作りのため、誤字脱字その他、誤りのある場合もございます。ご了承ください。

問題編はこちら

【仙台の学習塾プリント】中学歴史 欧米の市民革命 問題

2019.01.02

【仙台の学習塾プリント】中学歴史 欧米の市民革命 解答

01 1642年、イギリスでクロムウェルを指導者として、( 清教徒 )革命が起こり、
  議会が王をとらえて処刑し、共和制をしいた。

02 1688年、イギリスで( 名誉 )革命がおこり、議会政治の基礎が固まった。
  これは別名、無血革命とも呼ばれる。このときに、
  国王に国民の権利と自由を尊重することを( 権利の章典 )という形にして約束させた。

03 アメリカは18世紀の中ごろ、( イギリス )の植民地であり、
  州の数は( 13 )だった。この後、独立戦争を起こすが、
  このとき総司令官になり、初代大統領にもなったのが( ワシントン )
  である。そして、1776年に、「人間はすべて平等に作られ、
  生命・自由・幸福を求める権利を神から与えられている~」で始まる、
  アメリカ( 独立宣言 )が出された。

04 アメリカ合衆国憲法には三権分立が取り入れられたが、これを唱えたのは
  ( モンテスキュー )である。

05 革命がおこる前にイギリスやフランスなどで行われた、国王が大きな力を持った
  政治のことを( 絶対王政 )という。

06 1789年、( フランス )革命が起こった。これは、民衆が( バスチーユ )
  牢獄を襲撃したことから始まった。このとき、国民議会は「人は生まれながらにして
  自由かつ平等な権利を持っている~」で始まる( フランス人権 )宣言を出した。
  この革命に影響を及ぼしたのは、「社会契約論」を著した( ルソー )である。

07 19世紀初めに、フランスの皇帝の地位につき、ヨーロッパ全土をしたがえた人物は
  ( ナポレオン )である。

08 18世紀に、機械の発明や改良により、今までの工場制手工業から、
  工場制機械工業に変化していくことを( 産業革命 )という。
  これが最初に起こったのは( イギリス )という国で、その後、この国は
  その繁栄から「世界の( 工場 )」と呼ばれた。

09 資本家が労働者を使って、利益を目的に商品を生産することを( 資本 )主義
  という。この仕組みの中、労働者は労働条件を改善するために( 労働組合 )を
  結成し、さらに、理想の共同体をめざす( 社会 )主義の考えも生まれた。
  また、この時に「資本論」「共産党宣言」を表した人物は( マルクス )である。

10 産業革命は、( 綿工 )業から始まった。この生産力を飛躍的に高めたのは、
  蒸気機関であり、その改良をした人物は( ワット )である。
  この影響により、( インド )という国はこの品物の輸出国から輸入国になった。

11 1861年、アメリカで( 南北 )戦争が起こった。このときの大統領は
  ( リンカーン )であり、彼は( 奴隷解放 )宣言を出した。
  この戦争の時に、綿花栽培の労働力確保から奴隷制の維持を主張したのは
  (  南部  )である。

12 1871年、当時( プロイセン )と呼ばれていた地方がドイツ帝国となった。
  このときに活躍し、鉄血宰相と呼ばれたのが( ビスマルク )である。

13 1840年、イギリスと清で起きた戦争を( アヘン )戦争という。
  この結果、イギリスが勝ち、( 南京 )条約が結ばれた。
  この条約でイギリスは( 香港 )を獲得し、1997年まで
  イギリスの統治が続いた。

14 清国とイギリスの戦争の前に、イギリスはインドを介して
  ( 三角 )貿易を行っていた。イギリスは銀を輸入する一方で、
  間接的に( アヘン )を輸出した。

15 清とイギリスの戦争の後、中国で反政府の反乱が起こったが
  これを( 太平天国 )の乱という。このときの指導者は
  ( 洪秀全 )で、反乱軍は( 南京 )という都市を占領し、
  その首都とした。

16 1867年にインドで起こった反乱を( セポイの乱 )という。
  この反乱はイギリスによって鎮圧され、インドの( ムガル )帝国は
  名実ともに滅亡した。