【仙台の学習塾プリント】中学歴史 江戸時代その2 問題

仙台の学習塾である藤原進学塾では、塾で実際に行っている問題を
一部公開しています。
(図や写真のないものに限らせていただきます。ご了承ください。)
受験勉強や単元のまとめ、中間テストや期末テスト対策にぜひご利用ください。
※ 無断で転載することはご遠慮ください。
※ 手作りのため、誤字脱字その他、誤りのある場合もございます。ご了承ください。

解答編はこちら

【仙台の学習塾プリント】中学歴史 江戸時代その2 解答

2019.01.01

【仙台の学習塾プリント】中学歴史 江戸時代その2 問題

01 江戸時代の商業の中心となった都市は(    )である。その都市は、
  (       )とも呼ばれていた。また、大名がこの都市に、自分の
  領地で取れた米や特産物を保管したが、これを(     )という。

02 江戸時代に整備された街道のうち、最も交通量が多かったのは
  (     )である。江戸を中心とするこのような5つの陸上交通路
  を総称して(     )という。

03 江戸幕府5代将軍(      )は、動物愛護令として
  (        )を出した。また(    )の質を落とし、
  経済を混乱させた。

04 6代・7代将軍に仕えた(      )は、金銀の海外流出を防ぐため、
  長崎の貿易を制限した。

05 大阪や(    )などの上方を中心として17世紀末から18世紀にかけて
  栄えた文化を(    )文化という。

06 「曽根崎心中」などの人形浄瑠璃の台本を書いた人物は(       )である。

07 浮世草子の作者で「日本永代蔵」を書いたのは(      )である。

08 俳諧として、「奥の細道」を書いたのは(      )である。

09 「見返り美人」の作者は(      )である。
  また、見返り美人のような絵のことを(     )という。

10 江戸幕府8代将軍(      )は(    )の改革を行った。
  彼は人々の意見を聞くために(     )を設けたり、
  裁判の基準となる(        )を作った。
  また、新田開発や年貢の定率化により、財政を立て直した。

11 18世紀の後半に老中となった(      )は、蝦夷地の開拓や、
  同業の商工業者が作る(     )を認めて、財政収入を
  増やそうとした。
  しかし、この政治は大商人と結びついたため、(     )が横行した。

12 18世紀後半、浅間山の爆発による、火山灰の影響で(    )のききんが起こった。

13 江戸や大阪では、都市の貧しい人々が米の売り惜しみをする商人などをおそう、
  (       )を起こした。

14 18世紀後半に老中になり、1787年から(    )の改革を起こしたのは、
  (      )である。彼は、厳しい政策とともに、(    )学を奨励した。

15 江戸時代の後期の文化・文政年間を中心に栄えた文化は(    )文化である。
  これの中心都市は(    )である。

16 日本の古典を研究した学問を(     )という。江戸時代に、
  これを大成したのは(      )でその代表的な著書は
  (      )である。

17 前野良沢と(      )はオランダの人体解剖書を翻訳し(      )
  を著した。このようなオランダの学問を漢字2字で(    )という。

18 全国を測量して、正確な日本地図を作った人物は(      )である。

19 町人や農民の子どもが読み・書き・そろばんを習った場所は(     )である。

20 「白河の清きに魚のすみかねてもとの濁りの田沼恋しき」のような歌を
  (    )という。

21 「東海道中膝栗毛」というこっけいな小説を書いたのは(       )である。

22 富士山を中心とした「富嶽三十六景」を描いた人物は(      )である。

23 浮世絵の「東海道五十三次」を描いた人物は(      )である。
  この時代になると、(    )という多色彫りの版画も作られた。

24 「菜の花や月は東に日は西に」という俳諧の作者は(      )である。
  また、「われときて遊べや親のない雀」の俳諧の作者は(      )である。

25 教訓を含んだ「南総里見八犬伝」を書いた小説家は(      )である。