【仙台の学習塾プリント】小学理科 メダカの生態 解答

仙台の学習塾である藤原進学塾では、塾で実際に行っている問題を
一部公開しています。
(図や写真のないものに限らせていただきます。ご了承ください。)
受験勉強や単元のまとめ、テスト対策にぜひご利用ください。
※ 無断で転載することはご遠慮ください。
※ 手作りのため、誤字脱字その他、誤りのある場合もございます。ご了承ください。

問題編はこちら

【仙台の学習塾プリント】小学理科 地球と太陽の動き 問題

2019.01.12

【仙台の学習塾プリント】小学理科 メダカの生態 解答

01 メダカには5つのひれがある。
  ( せびれ )( しりびれ )( おびれ )
  ( むなびれ )( はらびれ )である。

02 メダカのおすは( せびれ )に切れこみが( ある )。
  めすには切れこみが( ない )。

03 メダカのおすの( しりびれ )は( 平行四辺形 )にちかい形を
  していて、めすは、三角形に近い形をしている。

04 メダカの産卵に適した温度は約( 25 )℃である。

05 メダカのたまごには、( 付着毛 )という毛がある。これは、
( 水草にからませる )ためにある。

06 メダカは( 春 )から( 夏 )の季節に産卵する。

07 メダカは1日のうちで( 夜明け )の時間に産卵する。

08 メダカのたまごの大きさは( 1 )mmほどである。

09 たまごからかえったメダカの大きさは( 5 )mmほどである。

10 メダカはたまごからおよそ( 10 )日ほどで子メダカになる。

11 メダカをかう水そうは( 日光 )の当たらない
  ( 平らな )場所におく。

12 水そうには、エアストーンを置かなくてはいけない。エアストーンは
( 水そうに空気を送り込む )役割がある。

13 水道水には塩素がとけているので、( くみおき )の水を水そうに入れる。
 
14 メダカは水中の小さな生物を食べる。これらの生物をカタカナで
 ( プランクトン )とよぶ。

15 メダカのえさは( 3 )日ごとにあたえる。

16 メダカのえさは食べ残しが( ない )ようにあたえる。

17 たまごからかえった子メダカは腹にふくろをもっている。
このふくろのなかには( 栄養 )が入っている。

18 メダカのめすは( 水草 )のかげにたまごを産むので、
光合成をするためにも入れるべきである。

19 メダカのたまごはまず目のようなものが見えた後、6日後あたりから
( 心臓 )が動くのが見えるようになる。

20 メダカは水の流れに( 逆らって )泳ぐ性質がある。