【仙台の学習塾プリント】小学理科 太陽と月 問題

仙台の学習塾である藤原進学塾では、塾で実際に行っている問題を
一部公開しています。
(図や写真のないものに限らせていただきます。ご了承ください。)
受験勉強や単元のまとめ、中間テストや期末テスト対策にぜひご利用ください。
※ 無断で転載することはご遠慮ください。
※ 手作りのため、誤字脱字その他、誤りのある場合もございます。ご了承ください。

解答編はこちら

【仙台の学習塾プリント】小学理科 太陽と月 解答

2019.01.13

【仙台の学習塾プリント】小学理科 太陽と月 問題

<太陽>
01 太陽の大きさは約140万kmでこれは地球の約(     )倍です。

02 太陽と地球とのきょりは約(       )kmでこれを
1(    )とよびます。

03 太陽の表面温度は約(      )℃です。
また、(    )という約4000℃の周りより温度が
(    )部分があり、これは太陽の活動が(    )な
ときに多く見られます。この部分は自転と同じように
(   )から(   )の方角に動きます。

04 太陽から吹き上げる炎状の高温のガスのことを(        )という。

05 太陽の外側に広がっている非常にうすい大気の層のことを
  (     )という。

<月>
06 月の大きさは約3500kmで、これは地球の(   )分の1です。

07 月と地球とのきょりは約(    )万kmです。

08 月の公転周期は約(     )日でこれは月の自転周期と同じ。
また、月の満ち欠けの周期は約(     )日である。

09 月の出は毎日約(    )分、おそくなります。

10 日食が起こるのは、地球 → (    ) → (    )、
月食が起こるのは、月  → (    ) → (    )が
(      )に並んだ時に起こります。

11 太陽のように、自ら光を出す星のことを(    )、
地球のように、自ら光を出さない星のことを(    )、
月のように、地球などの星を公転している星のことを(    )といいます。

12 潮の満ち干(みちひ)は1日に(    )回あります。

13 潮の満ち干は、月と太陽の(    )によって起こるので、
地球とのきょりが小さい場所では、(   )潮が起こります。

14 潮の満ち干の差が大きい時のことを(    )といい、
この時、月と地球と太陽は(     )°の角度になっています。

15 潮の満ち干の差が小さい時のことを(    )といい、
この時、月と地球と太陽は(     )°の角度になっています。