【仙台の学習塾プリント】中学歴史 戦後の世界 問題

中学生の歴史の戦後の世界に関する一問一答をまとめました。
このページは、問題編になります。

仙台の学習塾である仙台藤原塾では、塾で実際に行っている問題を
一部公開しています。
(図や写真のないものに限らせていただきます。ご了承ください。)
受験勉強や単元のまとめ、中間テストや期末テスト対策にぜひご利用ください。
※ 無断で転載することはご遠慮ください。
※ 手作りのため、誤字脱字その他、誤りのある場合もございます。ご了承ください。

解答編はこちら

【仙台の学習塾プリント】中学歴史 戦後の世界 解答

2019.01.02

【仙台の学習塾プリント】中学歴史 戦後の世界 問題

01 戦後日本は占領下に置かれたが、GHQの最高司令官となったのは、
  (        )である。

02 日本国憲法は(    )年(    )月(    )日に公布され、
  (    )年(    )月(   )日に施行された。この憲法では、
  天皇を(    )として明記された。

03 戦後の選挙権は(    )歳以上の(    )に与えられた。 

04 自作農を増やし、封建的な地主・小作制度を改めた改革は(      )である。

05 経済を民主化し自由競争をさかんにするために(    )を解体した。

06 労働者の団結権・団体交渉権・争議権などを守るため、(      )法が
  制定された。
 
07 1947年に民主的な教育のために(       )が制定された。

08 独占禁止法の運営を行うため、設置された組織は(         )である。

09 1945年に51の加盟国によって作られた国際組織は(      )である。
  この本部が置かれた都市は(        )である。 

10 資本主義国と社会主義国の戦火を交えない戦いは(    )と呼ばれた。

11 1949年、中国で成立した社会主義国は(         )で、主席は
  (     )である。

12 1949年、資本主義国の軍事同盟は(      )<北大西洋条約機構>で、
  それに対し、1955年、ソ連は(       )機構をつくった。

13 1950年にアジアで起こった戦争は(    )戦争である。この後、アメリカは
  日本に自衛隊の前身である(       )を作らせた。

14 日本は(        )条約に調印し、独立国としての主権を
  取り戻した。このときの日本の首相は(     )である。また、同時に
  アメリカと(        )条約が結ばれた。

15 1956年、ソビエトとの国交を回復するときに出されたのは(        )である。

16 1960年はある地域で独立国が多かったので(      )の年と呼ばれた。

17 日本は1972年(    )との国交を正常化し、1978年には
  (        )条約を締結した。

18 1973年、石油の価格が大幅に引き上げられ、経済に大きな影響を与えた、
  (      )が起こった。

19 現在でも先進国と発展途上国の間で(    )問題が起こっている。

20 (          )<EC>は1993年にEUに発展した。

21 1954年アメリカはビキニで水爆実験を行ったが、そのとき被爆した、
  焼津港所属の漁船は(       )である。

22 日本が唱えている、核兵器を「もたず・つくらず・もちこませず」という
  原則を(       )という。

23 インドシナ半島で戦われ、アメリカが介入した戦争は(      )戦争である。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
仙台の学習塾である仙台藤原塾では、1回分の無料体験授業をやっています。
ぜひ、この機会にお子さんに考えさせる体験をさせてみてください。
お問い合わせ 022-341-8088

お問い合わせ・お申し込みはこちらから