【仙台の学習塾プリント】小学算数 場合の数の基礎 解答

小学生の算数の場合の数に関する一問一答をまとめました。
このページは、解答編になります。

仙台の学習塾である仙台藤原塾では、塾で実際に行っている問題を
一部公開しています。
(図や写真のないものに限らせていただきます。ご了承ください。)
受験勉強や単元のまとめ、テスト対策にぜひご利用ください。
※ 無断で転載することはご遠慮ください。
※ 手作りのため、誤字脱字その他、誤りのある場合もございます。ご了承ください。

問題編はこちら

【仙台の学習塾プリント】小学算数 場合の数の基礎 問題

2019.01.28

【仙台の学習塾プリント】小学算数 場合の数の基礎 解答

01 国語、算数、理科、社会の教科書が1冊ずつあります。これらを本棚に
  1列にならべる、ならべ方は( 24 )通りあります。

02 1,2,3,6の4枚のカードがあります。
  この中から、3枚をならべて3けたの整数をつくるとき、
  整数は( 24 )通りできます。
  2の倍数は( 12 )通りできます。
  400以上の整数は( 6 )通りできます。

03 大きいサイコロと小さいサイコロを1回振る。このとき、出る目の数の和が
  7になるのは( 6 )通りです。

04 A、B、C、D、Eの5人のリレー走者がいます。
  Aの次にBが走るようにするとき、5人の走る順番は全部で
  ( 24 )通りあります。

05 A,B,Cの3人が1回、じゃんけんをします。あいこになる場合の数は
  ( 9 )通りです。

06 5人の中から代表を2人選びます。その組み合わせは( 10 )通りです。

07 コインを3枚投げます。2枚が表で、1枚がうらになっているのは、
  全部で( 3 )通りです。

08 サイコロを3つ投げます。出た目の数の和が7になるのは
  全部で( 15 )通りあります。

09 0、1、2、3の4枚のカードがあります。ここから3枚を選んで、
  3けたの整数を作るならば( 18 )通りできて、そのうち、偶数は
  ( 10 )通りあります。

10 大小2つのサイコロをふります。2つの出た目が同じになるのは
  ( 6 )通りです。

11 A、B、C、D、Eの5人が一列に並ぶ、並び方は全部で
  ( 120 )通りです。また、5人が丸いテーブルにすわる、
  すわり方は全部で( 24 )通りあります。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
仙台の学習塾である仙台藤原塾では、1回分の無料体験授業をやっています。
ぜひ、この機会にお子さんに考えさせる体験をさせてみてください。
お問い合わせ 022-341-8088

お問い合わせ・お申し込みはこちらから