【仙台の学習塾プリント】中学公民 内閣・裁判所・三権分立 問題

中学生の公民の内閣・裁判所・三権分立に関する一問一答をまとめました。
このページは、問題編になります。

仙台の学習塾である仙台藤原塾では、塾で実際に行っている問題を
一部公開しています。
(図や写真のないものに限らせていただきます。ご了承ください。)
受験勉強や単元のまとめ、中間テストや期末テスト対策にぜひご利用ください。
※ 無断で転載することはご遠慮ください。
※ 手作りのため、誤字脱字その他、誤りのある場合もございます。ご了承ください。

解答編はこちら

【仙台の学習塾プリント】中学公民 内閣・裁判所・三権分立 解答

2019.01.09

【仙台の学習塾プリント】中学公民 内閣・裁判所・三権分立 問題

01 国の政治を行うことを(    )という。この仕事を全体として
  まとめているのが内閣で、内閣は、内閣総理大臣とその他
  の(      )によって構成される。
  これは、内閣総理大臣が任命するが、過半数が(      )で
  なければならない。内閣は、総理大臣を議長とする(    )を開いて
  方針を決定する。

02 内閣が国会に対して連帯して責任を負うしくみを(      )制と
  呼ぶ。例えば、衆議院が内閣不信任の決議をしたときに、内閣は
  (   )日以内に衆議院を解散するか、(     )を
  しなければならない。

03 内閣の仕事は
  ・天皇の(      )に対して助言と承認を与える。
  ・法律案や予算を作って(    )に提出する。
  ・外交関係を処理し、外国と(    )を結ぶ。
  ・法律や予算を執行し、必要な(    )を定める。
  ・(       )の長官を( 指名  任命 )する。
  ・減刑や刑の執行を免除するなどの(    )を決める。
  がある。

04 政府が大きくなると、行政機関で働く職員…つまり(     )の数が
  増える。そのため、国や地方の行政の仕組みを見直し、
  簡素にしていこうとすることを(      )という。

05 04の一環として、1980年代には鉄道や電話公社が(     )
  された。2001年には中央省庁が再編成され、例えば文部省は
  (      )省になった。

06 次の仕事に当てはまる省を答えなさい。
  ア 文化財の保護を行う
    (      )省
  イ 海上保安や道路・河川の公共事業を行う
    (      )省
  ウ 予算の原案作成、税の徴収や造幣などを行う
    (      )省
  エ 大使や公使の派遣や受け入れを行う
    (      )省

07 裁判を受けるとき、第一審は地方裁判所・(    )裁判所、
  (    )裁判所がある。

08 公正な裁判を行うため、原則として1つの事件について3回まで
  裁判を求めることができる仕組みを(     )という。

09 第一審に不服申し立てのとき(    ) して第二審を行うことができ、
  第二審に不服申し立てのとき(    )して第三審を行うことができる。

10 お金の貸し借りなど、個人の間の争いを解決する裁判を(    )裁判
  という。このとき、訴えたほうを(    )、訴えられたほうを
  (    )という。この裁判には、国や地方公共団体相手に争う
  (    )裁判もある。

11 犯罪行為に対して有罪か無罪を決定する裁判を(    )裁判という。
  犯罪の発生に対し、警察は(     )を逮捕する。取り調べには
  (     )があたり、事件と認められれば裁判所に
  (    )される。このとき、訴えられた人は(     )となり、
  必ず(     )がつくことになっている。

12 憲法では(     )の場合を除いては、裁判官が出した令状なしには
  逮捕されない。逮捕されても、自分に不利なことは言わなくても良い
  (    )権が保障されている。また、自白だけで有罪とされた
  裁判の中には、(    )罪と呼ばれる、無実の罪も存在する。

13 日本で有罪判決を受けた場合、もっとも重い刑罰は(    )である。

14 憲法では「すべて裁判官はその(    )に従い独立してその職権を
  行い、この憲法及び(    )のみ拘束される」(76条)とある。

15 最高裁判所裁判官が適任かどうかを判断するために行う制度を
  (      )という。

16 裁判所に与えられている、法律が憲法に違反していないかを判断する権限を
  (         )という。

17 政治の権力を3つに分け、互いの均衡を保つしくみを(      )
  という。また、「法の精神」の中で、これを説いたフランスの政治家は
  (         )である。

18 国会は(    )権、内閣は(    )権、
  裁判所は(    )権を持っている。

19 違憲立法の審査において、法令が合憲かどうかの最終決定権をもつのは
  (       )であり、憲法の(    )
  と呼ばれている。

20 次にあてはまることがらを下から選びなさい。
  内閣→国会  (        )  
  裁判所→国会  (        )
  国会→裁判所 (        )
  国民→裁判所 (        )
  裁判官の弾劾  内閣総理大臣の指名  衆議院の解散
  国民審査  違憲立法審査  裁判官の任命

21 次に挙げられることは下のア~ケのどれに
  あたるか答えなさい。

A.内閣は臨時国会の召集を決定した。(   )
B.内閣に対する国民の期待が高く、
  その支持率が高い。(   )
C.最高裁判所長官の指名と裁判官の任命が行われた。(   )
D.衆議院議員定数について、1票の価値が異なるのは憲法違反であると、
  判決を下した。(   )
E.7月に参議院議員の選挙が行われた。(   )
F.現在の総理大臣は、国会議員の中から選ばれた。(   )
G.地方裁判所の裁判官である人物が犯罪を犯したということで、
   その職を辞めさせるかどうかという話し合いがもたれた。(   )

ア 国民→内閣  イ 国民→裁判所  ウ 国民→国会
エ 内閣→国会  オ 国会→内閣   カ 裁判所→国会
キ 国会→裁判所 ク 裁判所→内閣  ケ 内閣→裁判所


最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
仙台の学習塾である仙台藤原塾では、1回分の無料体験授業をやっています。
ぜひ、この機会にお子さんに考えさせる体験をさせてみてください。
お問い合わせ 022-341-8088

お問い合わせ・お申し込みはこちらから