【仙台の学習塾プリント】小学理科 地球と太陽の動き 問題

小学生の理科の地球と太陽の動きに関する一問一答をまとめました。
このページは、問題編になります。

仙台の学習塾である仙台藤原塾では、塾で実際に行っている問題を
一部公開しています。
(図や写真のないものに限らせていただきます。ご了承ください。)
受験勉強や単元のまとめ、中間テストや期末テスト対策にぜひご利用ください。
※ 無断で転載することはご遠慮ください。
※ 手作りのため、誤字脱字その他、誤りのある場合もございます。ご了承ください。

解答編はこちら

【仙台の学習塾プリント】小学理科 地球と太陽の動き 解答

2019.01.12

【仙台の学習塾プリント】小学理科 地球と太陽の動き 問題

○夏至
 ①夏至は日本では(   )月にあり、(   )の長さが
   1年で最も長い。
 ②夏至は、(      )の真上を太陽が照らしている。
 ③この後、日本では(   )月ごろに、気温が最も高くなる。
 ④夏至の日に太陽は、(   )よりの東から太陽が出て、
  (   )よりの西にしずむ。
 ⑤南中したときのかげの長さは最も(    )。

○冬至
 ①冬至は日本では(   )月にあり、(   )の長さが
   1年で最も長い。
 ②冬至は、(      )の真上を太陽が照らしている。
 ③この後、日本では(   )月ごろに、気温が最も低くなる。
 ④冬至の日に太陽は、(   )よりの東から太陽が出て、
  (   )よりの西にしずむ。
 ⑤南中したときのかげの長さは最も(    )。

○春分・秋分
 ①春分・秋分の日は、日本で昼の長さはおよそ(   )時間である。
 ②春分・秋分の日は(    )の真上を太陽が照らしている。
 ③春分の日に太陽は、ほとんど真東から太陽が出て、真西にしずむ。

01 太陽の南中高度が1年を通して最も高いのは(    )のときである。

02 日の出から日の入りまでの時間が最も長いのは(    )のときである。

03 春分の日の時の、北緯30°の地域での太陽高度は(     )である。
  また、夏至の日には(     )になり、冬至の日には
  (     )になる。

04 地球が1年で太陽の周りを1周することを(    )という。

05 地球の地軸は(     )度、かたむいている。この地軸のかたむきが
  あるから、日本に(    )がある。

06 1年で最も日照時間が長いのは(    )のときである。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
仙台の学習塾である仙台藤原塾では、1回分の無料体験授業をやっています。
ぜひ、この機会にお子さんに考えさせる体験をさせてみてください。
お問い合わせ 022-341-8088

お問い合わせ・お申し込みはこちらから

ABOUTこの記事をかいた人

ふじわら先生

盛岡一高、東北大。中学受験の塾「標準仙台校」に入社。2009年から独立し仙台藤原塾を設立。東大合格生から不登校児まで数千人以上の様々な生徒を指導。ボードゲーム「悲しき熱帯魚」「漁村においでよ!」「俺の街」「ぶたぶたこぶた」作者。ボードゲームはドイツのエッセンシュピール’16にも出展。独自の楽しくアタマが良くなる知育パズル本も好評発売中。