【仙台の学習塾ブログ】学習塾の休業要請や今後の予定について解説します

新型コロナウイルス感染症の影響で、4月16日に緊急事態宣言が出され、
仙台藤原塾でも5月6日まで臨時休業となりました。

今回は、仙台を中心に学習塾の休業要請についてと、
ゴールデンウィーク後の予測を含めてお話したいと思います。

特措法施行令第11条に該当するもの

特措法施行令によると、
①1000㎡を越える学習塾
これらの塾は、休業要請が自治体から何らかの形で届くそうです。

②100㎡~1000㎡の学習塾
これらの塾は、適切な対応について協力を依頼(特措法によらない協力の要請)
という形になります。

③100㎡以下の学習塾
いわゆる3密状態を避け、感染防止対策を施した上での営業をするように
勧められます。

うちの学習塾は、小さな学習塾なので③にあたりますが、仙台の昨今の状況を鑑みて、
休業といたしました。NHKのニュースによると、首都圏の85%の学習塾が
休業というニュースもありましたが、仙台の塾を見ている限りは、
もう少し低い印象です。
また、半分以上の仙台の塾が何らかの形でオンライン授業を導入していました。

仙台市でも独自の休業補償してもらえればすごく嬉しいんですけどね。
財政的な面から見ても少し難しいでしょうか。
(4月22日 追記)
と思ったら、協力金を出してくださるようですね。
まだ検討段階でしょうが、ありがたいかぎりです。
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/202004/20200422_11009.html

今後の学習塾の方針について

仙台では、まだ正式な休業要請や県独自の緊急事態宣言は出ていません
(4月21日現在)。ですが、事態はまだ不安定な状態です。
仙台藤原塾といたしましては、
・ゴールデンウィーク後は、感染対策を十分に施したうえでの営業をする
・オンライン授業の導入はしない
・塾生や社員の感染者が出た場合、2週間以上の休業を行い、
 塾生全員に返金対応を行う
以上の方針で進めていこうと考えています。

学習塾の感染症対策については、今まで以上に強化いたします。
席を1つ空けての授業や、次亜塩素酸水の消毒などの対策を強化します。

オンライン授業に関しては、ご父兄の方からも提案された方がいたので、
ZOOMを試してみましたが、やはり対面授業と比べて授業の質が
落ちてしまうことを考え、導入は見送ることといたしました。
これで同じ料金を取るのは申し訳ないというのが正直なところです。
オンライン授業自体は工夫されている仙台の塾・家庭教師さんも多いですし、
否定するつもりは一切ありません。ですが、それでしたら仙台の大手の塾さんや
予備校さんの映像授業でいいわけですし、うちに通っている方は
それ以上のものを求めているのかと思います。

また、社員をはじめこちらとしても最善を尽くしますが、
咳が出る、微熱があるなどの初期症状がある塾生は、
出席を見合わせることをお願いいたします。
こちらで振替授業の方を準備させていただきます。

本当にコロナは終息するのか?

世間的には5月6日まで外出の自粛が求められていますが、
おそらくゴールデンウイークのうちに終息することはないでしょう。
そうなると、長い期間のゆるい規制をしながら、爆発的な感染だけは
避けていく感じにしたいのかなという意図を感じます。

仙台では3月途中から学校の休校が続いていますが、3月の休校は
感染者が同じ仙台市内に出たからという理由だったかと記憶しています。

そうなると現在の姿勢では、ロックダウンのような強い規制によって、
感染を減らしているわけではないので、休校やイベントの中止は
まだまだ続くのではないかと予想しています。
例えば、小学生の修学旅行なども秋や冬に延期となりましたが、
この姿勢が続いている限り、できるかどうか微妙なところです。
今後も注意しながら見守っていくしかないですね。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
仙台の学習塾である仙台藤原塾では、1回分の無料体験授業をやっています。
ぜひ、この機会にお子さんに考えさせる体験をさせてみてください。
お問い合わせ 022-341-8088

お問い合わせ・お申し込みはこちらから

ABOUTこの記事をかいた人

ふじわら先生

盛岡一高、東北大。中学受験の塾「標準仙台校」に入社。2009年から独立し仙台藤原塾を設立。東大合格生から不登校児まで数千人以上の様々な生徒を指導。ボードゲーム「悲しき熱帯魚」「漁村においでよ!」「俺の街」「ぶたぶたこぶた」作者。ボードゲームはドイツのエッセンシュピール’16にも出展。独自の楽しくアタマが良くなる知育パズル本も好評発売中。