【仙台の学習塾プリント】 小学算数 旅人算・時計算の基礎 問題

小学生の算数の旅人算・時計算に関する一問一答をまとめました。
このページは、問題編になります。

仙台の学習塾である仙台藤原塾では、塾で実際に行っている問題を
一部公開しています。
(図や写真のないものに限らせていただきます。ご了承ください。)
受験勉強や単元のまとめ、テスト対策にぜひご利用ください。
※ 無断で転載することはご遠慮ください。
※ 手作りのため、誤字脱字その他、誤りのある場合もございます。ご了承ください。

解答編はこちら

【仙台の学習塾プリント】 小学算数 旅人算・時計算の基礎 解答

2019.01.22

【仙台の学習塾プリント】小学算数 旅人算・時計算の基礎 問題

01 時計の長針は1分間に(    )°動き、
時計の短針は1分間に(    )°動きます。

02 時計の数字と数字との間の角度は(    )°あります。
 例えば、9時50分がつくるせまい方の角度は
  (    )°になります。

03 弟が家を出てから15分後に兄が自転車で弟を追いかけました。
  弟は毎分50m、兄は毎分200mの速さです。
このとき、次の問いに答えなさい。

(ア)兄が家を出る時、弟は(     )m先にいます。
(イ)兄と弟のきょりは1分間に(     )mずつ短くなります。
(ウ)兄が弟に追いつくのは(     )分後です。
(エ)兄が弟に追いついたのは、家から(     )mの地点です。

04 周囲が6kmの池があります。AとBの2人が反対周りに行くと、
2人が出会うまでに25分かかります。また、AとBが同じ方向に行くと、
50分後にAはBを追い越します。
Aの速さは毎分(    )m、Bの速さは毎分(    )mです。

05 16kmを8分で走るチーターの時速は(     )kmです。

06 2分で150mを歩く人は9kmを(     )時間で進みます。

07 A君とB君は6kmのきょりがあります。また、A君の分速は180mで
  B君の分速は60mです。今、同時に2人が反対方向に向かうと
 (    )分後に出会い、同時にA君がB君のことを追いかけると
 (    )分後に追いつきます。

08 時速8kmで行けば3時間かかるきょりを自転車に乗って、2時間で行ける
 ようにするには自転車の時速を(    )kmにしなければ
 いけません。

09 20分で2km進む人の時速は(    )kmです。

10 1日で288km進む貨物船は、1分で(     )m進みます。

11 8kmの道のりを時速36kmの車で行くと、
  (    )分(    )秒かかります。

12 12kmの道のりを行きは時速4km、帰りは時速6kmで往復しました。
往復の平均の速さは時速(     )kmです。

13 15秒で120m進む列車は、5分で(     )km進みます。

14 2100mの池のまわりをAは分速60m、Bは分速80mで歩きます。
2人が同時に反対方向に進むと(     )分後に出会います。
また、同時に同じ方向に進むとBはAを(    )分後に追いこします。

15 P地点からQ地点までは24kmあります。A君はPからQへ、B君は
  QからPへ進みます。同時に2人が出発した時、P地点から
  16kmの地点で2人が出会いました。A君の速さが時速48kmのとき、
  B君の速さは時速(     )kmです。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
仙台の学習塾である仙台藤原塾では、1回分の無料体験授業をやっています。
ぜひ、この機会にお子さんに考えさせる体験をさせてみてください。
お問い合わせ 022-341-8088

お問い合わせ・お申し込みはこちらから