【仙台の学習塾プリント】中学歴史 平安時代 問題

中学生の歴史の平安時代に関する一問一答をまとめました。
このページは、問題編になります。

仙台の学習塾である仙台藤原塾では、塾で実際に行っているプリントを
一部公開しています。
(図や写真のないものに限らせていただきます。ご了承ください。)
受験勉強や単元のまとめ、中間テストや期末テスト対策にぜひご利用ください。
※ 無断で転載することはご遠慮ください。
※ 手作りのため、誤字脱字その他、誤りのある場合もございます。ご了承ください。

解答編はこちら

【仙台の学習塾プリント】中学歴史 平安時代 解答

2019.01.01

【仙台の学習塾プリント】中学歴史 平安時代 問題

01 794年に、都が(    )に移された。この新しい都は(     )
  といい、都を移した天皇は(    )天皇である。

02 平安時代、東北地方は(    )と呼ばれていた。まだ、朝廷の支配が
  及んでいないこの地域に天皇は(       )を(       )の
  役職に任命してその反乱をおさえた。また、朝廷は724年に、(    )城
  を築いて、東北地方への支配を広げようとした。

03 天皇は唐で学んだ2人の僧を保護した。それは、
  比叡山に延暦寺を建て、(    )宗を開いた(    )と
  高野山に金剛峯寺を建て、(    )宗を開いた(    )である。

04 遣唐使の廃止の意見を出して、後に、大宰府に流された人物は(      )で
  ある。また、遣唐使の廃止のあと、わが国に独自の文化が生まれたが、これを
  (     )文化という。

05 平安時代に漢字のへんやつくりから(      )という文字が生まれ、
  草書体から(      )という文字が生まれた。

06 平安時代の代表的な随筆は枕草子で作者は(      )である。
  また、代表的な小説は源氏物語で作者は(     )である。
  代表的な和歌集は古今和歌集で編者は(     )である。

07 唐風の絵画に代わり、日本の自然や風俗を描いた絵画を(     )という。

08 貴族の住居は(     )と呼ばれる、豪華で美しい日本の自然を
  取り入れたものになっていた。

09 唐が10世紀に滅亡した後、中国では(    )という国ができた。
  また、同時期に朝鮮半島では(    )という国ができた。

10 平安時代に書かれた、日本最古の物語は(       )である。

11 藤原氏は天皇が幼少のときは(     )、天皇が成人してからは
  (    )として、政治の実権を握った。藤原氏が行ったこのような政治を
  (    )政治という。

12 「満月の歌」を歌ったのは藤原道長であるが、その息子(      )は、
  10円玉にもある建物である(        )を建てた。

13 10世紀に関東地方で反乱を起こした人物は(     )である。
  また、瀬戸内海で海賊を率いて反乱を起こした人物は(      )である。

14 11世紀の後半、阿倍氏や清原氏の勢力争いである、前九年の役・後三年の役をしずめた人物は(      )である。
  また、彼らに代わって東北地方の統一を進めたのは
  現在の平泉にある(      )氏である。
  彼は金色堂のある(        )という寺院を建てた。

15 11世紀の後半、(    )天皇は天皇の位を退き、上皇となった後も、
  自ら政治を行った。このような政治を(    )という。

16 武士が世の中に台頭するようになったのは、保元の乱と平治の乱がきっかけである。
  平治の乱に勝った人物は(     )で、彼は朝廷で(      )という
  位に就いた。また、中国とも現在の(     )で貿易を行った。

17 有力な貴族に荘園を寄進することによって得られた権利は
  (     )の権と(     )の権である。

18 壇ノ浦の戦いで、源氏の総大将として平氏をほろぼした人物は(      )
  である。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
仙台の学習塾である仙台藤原塾では、1回分の無料体験授業をやっています。
ぜひ、この機会にお子さんに考えさせる体験をさせてみてください。
お問い合わせ 022-341-8088

お問い合わせ・お申し込みはこちらから