【仙台の学習塾プリント】中学歴史 奈良時代 解答

中学生の歴史の奈良時代に関する一問一答をまとめました。
このページは、解答編になります。

仙台の学習塾である仙台藤原塾では、塾で実際に行っているプリントを
一部公開しています。
(図や写真のないものに限らせていただきます。ご了承ください。)
受験勉強や単元のまとめ、中間テストや期末テスト対策にぜひご利用ください。
※ 無断で転載することはご遠慮ください。
※ 手作りのため、誤字脱字その他、誤りのある場合もございます。ご了承ください。

問題編はこちら

【仙台の学習塾プリント】中学歴史 奈良時代 問題

2019.01.01

【仙台の学習塾プリント】中学歴史 奈良時代 解答

01 701年に唐にならって、天智天皇が制定した律令を( 大宝律令 )という。

02 710年に移された都のことを( 平城京 )という。これは現在の
  ( 奈良 )県にあり、唐の( 長安 )を手本にしたものである。

03 奈良時代のころの中央の役所は二官八省と呼ばれ、国ごとに( 国司 )を、
  また、九州には( 大宰府 )と呼ばれる役所を置いた。

04 朝廷はこのころ、( 6 )歳以上の人々に( 口分田 )と呼ばれる、
  土地を与えた。当初はこれは、死亡したら国に返させるという( 班田収授 )の
  制度の下で行われたものである。

05 田の面積に応じて、主に米を納める税のことを( 租 )という。
  この他にも、特産物を納める( 調 )、労役の代わりに布などを納める
  ( 庸 )、北九州の防衛にあたる( 防人 )がある。

06 723年に三世一身の法が、また743年には、土地を開墾した場合に永久に私有を認める
  という、( 墾田永年私財法 )が制定された。このことにより、豪族や寺院の
  所有地である( 荘園 )が広がった。

07 聖武天皇は、( 仏教 )の力で国を守ろうと、地方には( 国分寺 )や
  国分尼寺を建て、その総本山として大仏を本尊とする( 東大寺 )を建てた。

08 聖武天皇の日用品などを納めている倉庫は( 正倉院 )である。
  この建物は風通しを良くするために、( 校倉造 )と呼ばれる特色がある。

09 08の倉庫にはペルシャで作られた作品も多いが、これらの品が
  運ばれてきた交易路から「( シルクロード )の終着駅」とも呼ばれている。

10 奈良時代のはじめ、日本で最も流通した貨幣は
  ( 和同開珎 )であるが、富本銭が最初の貨幣と言われている。

11 「あばらやのなかに地べたにわらをしいて住み、父や母は枕のほうにこみあって
   嘆いている。かまどには煙もたたず、食物をむす器にはくもの巣がかかっている…」
  という歌の名前は( 貧窮問答歌 )であり、作者は( 山上憶良 )である。
  また、これは( 万葉集 )という和歌集におさめられている。

12 奈良時代に作られた歴史書は( 古事記 )と( 日本書紀 )の2つがある。
  また、国ごとに作られ、その地方の産物や伝説などを記した書物は( 風土記 )
  である。

13 失敗を重ね、盲目になりながらもようやく来日し、日本に仏教を
  伝えた、右図の人物は( 鑑真 )である。また、この
  人物が建てた寺は( 唐招提寺 )である。

14 遣唐使として中国にわたり、遭難して帰れず、唐で一生を
  終えた人物は( 阿倍仲麻呂 )である。彼は小倉百人一首の
  「天の原ふりさけみれば春日なる三笠の山に出でし月かも」の
  歌を作っている。

15 「から衣 すそに取りつき 泣く子らを 置きてそ来ぬや 母なしにして」という
  万葉集におさめられている歌は( 防人 )が歌ったものである。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
仙台の学習塾である仙台藤原塾では、1回分の無料体験授業をやっています。
ぜひ、この機会にお子さんに考えさせる体験をさせてみてください。
お問い合わせ 022-341-8088

お問い合わせ・お申し込みはこちらから