【仙台の学習塾プリント】中学歴史 飛鳥時代 問題

中学生の歴史の飛鳥時代に関する一問一答をまとめました。
このページは、問題編になります。

仙台の学習塾である仙台藤原塾では、塾で実際に行っているプリントを
一部公開しています。
(図や写真のないものに限らせていただきます。ご了承ください。)
受験勉強や単元のまとめ、中間テストや期末テスト対策にぜひご利用ください。
※ 無断で転載することはご遠慮ください。
※ 手作りのため、誤字脱字その他、誤りのある場合もございます。ご了承ください。

解答編はこちら

【仙台の学習塾プリント】中学歴史 飛鳥時代 解答

2019.01.01

【仙台の学習塾プリント】中学歴史 飛鳥時代 問題

01 聖徳太子は、(     )天皇の摂政となった人物である。
  彼は、天皇中心とした国家を作るために、(     )の憲法を制定した。

02 聖徳太子は、家柄や出身に関係なく、才能のある人物を役人に登用するために、
  冠の色で位を判別する(       )を制定した。

03 聖徳太子が建てた、仏教の影響を強く受けている世界最古の木造建築物の
  寺院は(     )である。ここにある代表的な仏像は
  (       )である。

04 聖徳太子は当時の中国である(    )に使節を送っている。
  また、この使節の人物の名前は(      )である。

05 仏教を取り入れようとする、(     )氏は飛鳥寺を建てた。
  また、これに反対する(     )氏を滅ぼした。

06 7世紀のはじめに中国を統一した(    )は、(     )という
  法律を作った。また、その都である(     )は国際都市として栄えた。

07 7世紀の初め、ユーラシア大陸の西では(       )帝国が繁栄した。
  この国と中国では(       )という陸路を通じて交易を行った。

08 大化の改新は(     )年に行われた。これにより倒された豪族は
  (    )氏で、これを行った中心的人物は(       )と
  (       )である。

09 全国の土地と人民を国のものとし、天皇が支配するという大化の改新の基本方針を
  (       )という。

10 百済や高句麗を倒して朝鮮半島を統一した国は(     )である。
  この国と中国の連合軍が、百済と日本と戦ったが、この戦いを(      )の
  戦いという。

11 中大兄皇子は大化の改新以後、(     )天皇に即位した。
  この天皇の死後、あとつぎをめぐって起こった内乱を(     )の乱という。
  また、この戦いに勝って即位した天皇は(     )天皇である。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
仙台の学習塾である仙台藤原塾では、1回分の無料体験授業をやっています。
ぜひ、この機会にお子さんに考えさせる体験をさせてみてください。
お問い合わせ 022-341-8088

お問い合わせ・お申し込みはこちらから