【仙台の学習塾プリント】小学算数 分配算・仕事算・相当算の基礎 解答

小学生の算数の分配算・仕事算・相当算に関する一問一答をまとめました。
このページは、解答編になります。

仙台の学習塾である仙台藤原塾では、塾で実際に行っている問題を
一部公開しています。
(図や写真のないものに限らせていただきます。ご了承ください。)
受験勉強や単元のまとめ、テスト対策にぜひご利用ください。
※ 無断で転載することはご遠慮ください。
※ 手作りのため、誤字脱字その他、誤りのある場合もございます。ご了承ください。

問題編はこちら

【仙台の学習塾プリント】小学算数 分配算・仕事算・相当算の基礎 問題

2019.01.24

【仙台の学習塾プリント】小学算数 分配算・仕事算・相当算の基礎 解答

01 3000円をA、B、Cの3人で分けます。AがBより600円多く、
  BがCより300円多く分けるようにすると、Aは( 1500 )円、
  Bは( 900 )円、Cは( 600 )円です。

02 ある仕事をするのに、Aは12日かかり、Bは8日かかります。
2人でこの仕事をすると、( 5 )日目に終わります。

03 たて30cm、よこ40cm、高さ20cmの水そうに水を入れていきます。
  Aは毎分4リットル、Bは毎分2リットルの割合で、
  今、AとBの両方から水を入れはじめると、水そうがいっぱいに
  なるのは( 4 )分後です。

04 家から駅まで行くのに12分かかります。家から駅までの道のりは
  家から学校まで行く道のりの30%にあたります。家から学校まで、
 ( 40 )分かかります。

05 たかし君、すすむ君、みち子さん3人で40冊のノートを持っています。
  みち子さんはすすむ君より4冊少なく、また、たかし君はすすむ君より
  5冊多い時、たかし君は( 18 )冊のノートを持っています。

06 ある仕事をするのに、Aは30日かかり、AとBは10日かかります。
 B1人でこの仕事をすると( 15 )日かかります。

07 1200リットルの水そうがあります。Aは毎分10リットル、
  Bは毎分15リットル水が入ります。今、Aから水をいれ、20分後に
  Bからも水を入れると、水そうがいっぱいになるのは( 60 )分後です。

08 A・B・C3人で340個のおはじきを持っています。AよりBは50%多く、
Cは10%少ないそうです。Cは( 90 )個のおはじきがあります。

09 3000円をA、B、Cの3人で分けます。AがBの2倍、
 CがBの4倍より200円多く分けるようにすると、Aは( 800 )円、
 Bは( 400 )円、Cは( 1800 )円です。

10 ある仕事をするのに、Aは10日かかり、Bは6日かかります。
  まず、A1人で6日はたらき、その後、AとBで仕事をすると、
  最初から数えて( 7 )日と( 12 )時間で終わります。

11 10秒で0.4リットル入るAの管が0.6リットル入れるまでにかかる時間は、
 ( 15 )秒後です。また、毎秒0.01リットル入るBの管があり、
 A、B2つの管を使うと、1リットル入るまでに( 20 )秒かかります。

12 A・B・Cの年齢を足すと52才です。AはBの1.2倍で、
  CはBの0.4倍です。このとき、Aの年齢は( 24 )才です。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
仙台の学習塾である仙台藤原塾では、1回分の無料体験授業をやっています。
ぜひ、この機会にお子さんに考えさせる体験をさせてみてください。
お問い合わせ 022-341-8088

お問い合わせ・お申し込みはこちらから